キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 墓石価格の決め方 : 墓石値段の簡潔情報

墓石値段は、石の種類、加工費、量、施工費の4つの要素を考慮して決めます。

墓石価格の決め方

墓石値段は次の4つの要素をかみして決定されます。

一つは石の種類です。

お墓に使える石は国産、外国産を含めて120種類以上あります。

そして石の種類により、値段、色、耐久性が変ってきます。

外国産、特に中国産の墓石は値段が安いですし、質のよいものもあります。

墓石として「質のいい石」とは、吸水性が低く、硬度がある石です。

このような石は必然的に値段が高くなります。

また希少価値の高い石(生産量が限られている)も値段が高くなるでしょう。

墓石値段の要素となる別の点として、墓石の加工費があります。

装飾がシンプルですと値段が安くなりますが、装飾品が多くなりますとその分お値段も上乗せされることになるようです。

さらに、使用する石材の量も値段に影響が出てくることでしょう。

使う石の量が少なければ安いですが、外柵など石をたくさん使えば値段もつりあがっていきます。

最後に施工費があります。

お墓を既に整えられている霊園に立てるのでしたら施工費はあまりかかりませんが、山奥や整備されていない場所であるなら、墓石値段も高くなることでしょう。

場所によっては、運搬用の車が入れなかったりしてクレーンを使って運ぶとなると、その分費用はかさみます。

このように、墓石値段は、石の種類、墓石の加工費、墓石の量、そして施工費の4つの要素をかみして決定されています。

それでもし安く抑えたいと考えておられる方は、安い石でシンプルに、整備された霊園にお墓を立てると良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加